2006年6月5日〜12日  ダージリン視察  


6月6日 第一訪問茶園  世界に名高い キッツスルトン茶園


キャスルトン茶園は2300メートルの高度でダージリンのKurseon南の谷に置かれる。 この最初の同一平面の茶は非常に微妙な厳しい注によってスムーズで、花の風味を分与する

2nd flush Darjeelings are typified as being more complex and fuller in the cup than the 1st Flush varieties which tend to be a little greener and lighter. Darjeelings are considered among the rarest and most prestigious of the black teas. The best grades are the whole leaf types with lots of ‘tip’. This tea is the grade F.T.G.F.O.P. (finest tippy golden flowery orange pekoe) and is in the upper 10 percentile of Castleton’s quality.

セカンドフラッシュDarjeelingsは、カップの中で、もう少しより緑色で、より軽い傾向がある1番目の同一平面の種類より複雑で、よりいっぱいであることとして代表されている。
Darjeelingsは最もまれなものと最も紅茶の中で名誉あるものの間で考慮される。
最もよいグレードはたくさんの‘秘訣’を持つ葉タイプ全体である。
この茶はグレードF.T.G.F.O.P.(最も素晴らしい倒れそうな金色の花が多いオレンジペコー)であり、キャスルトンの品質の上部の10百分位数にある。

The estate is near the town of Kurseong in the Darjeeling district of northern India. Castleton is one of the top estates in Darjeeling and consistently produces top teas - and not surprisingly obtains the top prices. The major method of transportation to Darjeeling is road (very treacherous) and a narrow gauge railway. In world terms the railway is almost considered a toy railroad system. The narrow gauge does not support large engines or carriages, also the steep inclines necessitate a cog system to prevent to trains from rolling backwards. Despite all the difficulties that must be contended with, the area produces the ‘Champagne of Tea’.

地所は北のインドのダージリン地区のKurseongの町の近くにある。
キャスルトンはダージリンで一番上の地所の1つであり、一貫して、一番上の茶を生産する - および、驚くことではないが、最高価格を得る。
ダージリンへの主要な交通手段は道路(非常に裏切っている)と狭軌軌道鉄道である。
世界用語で、鉄道はおもちゃ鉄道システムとほとんど考えられる。
狭軌軌道は大きなエンジンまたは車をサポートしなく、また、後方に転がることから列車に防止するために、急勾配は歯車システムを必要としている。
戦われなければならないすべての難題にもかかわらず、エリアは‘紅茶のシャンパン’を生産する。

キャスルトン茶園から見た
Kurseongの町、この日は
あいにく霧がかかっていて
あまり良く見えませんでした。

ムーンライト(キャッスルトン茶園)
ムーライトとは(月夜の光で摘んだ茶葉)茶園特別限定茶葉高貴な芳香とまろやかな風味で世界中の紅茶ファンを魅了。ダージリンの中でも、マカットフレーバーの香りがする時期の茶葉、いうことでよく知られています。

ムーンライト
No.DJ-228   Grade.
( Fine Tep GoldenFlowery Orange Pekoe- CHINA-SPL )
ムーンライトの一芯二葉


ムーンライトの生茶葉 マネージヤー、ムキヤさん セカンドフラッシュのテスト中 DJ-187/2006
FTGFOP-1
MUSCATEL

次の訪問はバダンタム茶園です。